ホーム > ふるさと会とは > 会長あいさつ

会の概要

会長あいさつ

天理大学ふるさと会会長 吉川萬太郎

去る平成24年4月27日ふるさと会理事会において選任され、引き続いて会長の大役を仰せつかることになり、その責任と事の重大さに身の引き締まる思いであります。

創立以来87年の歩みの中、3万1千8百余の卒業生を世に送り出している輝かしい歴史と伝統を有する我等の母校、天理大学の同窓会である「ふるさと会」は、現在、国内51支部、海外7支部が結成され、会員各位の絶えざるご努力により、年をおって活発に活動が展開されておりますことは、誠にありがたく 更なる充実を目指し微力ながら誠心誠意努力させていただく所存でございます。

少子化による18歳人口の減少で大学全入時代に突入したと言われる今日、本学もその例に漏れず志願者の減少は非常に厳しいものがあります。生き残りを懸 け、輝かしい未来の構築のため、今こそ創設者中山正善二代真柱様の深い御心「建学の精神」に思いを新たにし、天理大学を天理大学たらしめるものは何か、その独自性を明確に示して世に向かい、飛躍発展を遂げてほしいものと祈願しています。

若き日、お育ていただいて今日がある母校への感謝と報恩の心を胸に、ふるさと会員としての自覚と誇りをより高め、共々に英知を出し合い、会員相互の親睦を図るとともに会活動をより実りあるものに育てるため、会員各位の一層のお力添えを願い、挨拶とさせていただきます。

ホーム > ふるさと会とは > 会長あいさつ

このページの先頭に戻る