ホーム > クラス会だより | ニュース > 川島先生の還暦をお祝いする会 2018.03.31

クラス会だより

川島先生の還暦をお祝いする会 2018.03.31

平成30年3月31日(土)、京都市の梅の花京都伏見店において、国文学国語学科教授・川島二郎先生の還暦をお祝いする会が開催された。当日は各地より教え子11名が集まり、ともに楽しいひとときを過ごすことができた。

川島先生は昭和60年に天理大学に奉職され、上代(奈良時代)文学、特に萬葉集の研究で多くの業績を残されている。先生の授業は、真剣な中にもユーモアを交えて学生を楽しませてくださり、萬葉輪講(課外ゼミ)では研究に加え文学旅行や散策などを開催してくださった。このように、厳しくも楽しく兄のようにご指導くださる川島先生は、多くの教え子に慕われている。

お祝いの会は、発起人で本学非常勤講師の金石哲氏(平成9年卒)の挨拶、竹下文章氏(平成7年卒)の乾杯の音頭で始まった。会食中は川島先生の思い出話に花が咲き、佐上紀子氏(平成11年卒)より先生のお誕生日(3月3日)にちなんだ奈良一刀彫の立雛の記念品を、大石容子氏・柳川真美氏(ともに平成7年卒)より花束を贈呈し、その後の二次会・三次会も盛会のうちに幕を閉じた。

川島先生のおかげで、懐かしい友人や先輩方に会え、久々に旧交を温め、改めて国文学国語学科の絆を感じた会であった。先生は最近体調を崩され、皆が心配していたが、当日は自称「永遠の貴公子」の名に違わず、お元気そうであったのが何よりであった。川島先生には、今後ともお元気でご活躍いただきたい。そして、また、このような会を開催させていただけたらと思う。(佐上)

ホーム > クラス会だより | ニュース > 川島先生の還暦をお祝いする会 2018.03.31

このページの先頭に戻る