ホーム > 支部だより > 東京支部総会報告 2018.02.03

支部だより

東京支部総会報告 2018.02.03

東京支部では平成30年2月3日、ふるさと会本部から木下民生副会長、菊山孝昭関東地区常任理事を迎え、東京教務支庁で平成29年度総会を開催しました。支部出席会員14人のうち初参加が4人。

総会では、新評議員古谷野栄二氏(大18宗)より本年度の活動実績の報告、次年度の活動として会員の出席勧誘に尽力するとの気概が示されました。

総会後の講演では、まず語専22回マライ語部卒の菊山常任理事から、卒業して野村貿易に入社後、インドネシアに渡り、スカルノ、スハルト大統領時代から長年にわたって現地で各種工場を設立するなど奔走、帰国後は野村貿易の社長となって活躍された半生を振り返ってのお話があり、みな感慨深く聞き入りました。

次に、ブラジル三井物産社長を長年務め、ブラジル大統領勲章受章の西村隆男氏(大4西)から、天理大学及び現地で学んだ外国語を生かしていかに事業を進めたかなど、ブラジル語とポルトガル語のニュアンスの違いやエピソードなども交えたユーモアのあるお話を聞かせていただきました。

また、今回出席予定ながら都合で止む得ず欠席となった岩崎元地氏(大58中)は第8回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト一等賞受賞の経歴の持ち主。出席して、中国の伝統芸能の「川劇・変顔」を演じてもらう予定でしたが、残念でした。今後の出席に期待したいと思います。(大7仏 中平 記)

ホーム > 支部だより > 東京支部総会報告 2018.02.03

このページの先頭に戻る