ホーム > クラス会だより | ニュース > ロストレロス報告 2017.10.08

クラス会だより

ロストレロス報告 2017.10.08

関東地区のイスパニア・ブラジル・ポルトガルOB会「ロストレロス」の本年の同窓会は、10月8日(日) 改装オープンした新宿三井クラブに、永尾教昭学長、ふるさと会本部より松葉道夫総務担当委員(大36西)、関西イスパニアOB会『ロスアミーゴス』の津崎貞夫会長(大14西)に上京いただき、16名の会員参加のもと、盛大に開催いたしました。

今年は、昨年までのブラジル・シュラスコ料理を楽しむ会の趣向に代えて、関東イスパニア軍団の母校・後輩に対する熱い思いを、学長先生に聴いていただくべく、会場を元ブラジル三井物産社長・ 西村隆男氏(大4西)のご好意で手配いただきました。

参加者の中には、翌9日の体育の日に新潟で開催のマラソン大会にご夫婦で出場予定の乾隆政氏(大35西)もおられました。また同氏は、最近メキシコの著名な作家アナン・ディルバルの翻訳本を出版されたことも披露されました。タイトルは『捨て鉢になってドラッグで植物人間になった僕に心の案内人が教えてくれたこと』です。興味のある方は参考にぜひご一読ください。

来年も会員の皆様とお会いできるのを楽しみにしています。(大23西 今西)

 

ホーム > クラス会だより | ニュース > ロストレロス報告 2017.10.08

このページの先頭に戻る