ホーム > クラス会だより > イスパニア学科・ブラジル学科合同同窓会報告 2015.11.07

クラス会だより

イスパニア学科・ブラジル学科合同同窓会報告 2015.11.07

2015年11月7日、母校主催のホームカミングデーにあわせ、第一回イスパニア学科・ブラジル学科合同同窓会がふるさと会館大ホールで開催されました。これは2010年に廃止されたイスパニア学科、ブラジル学科が、2015年4月にスペイン語・ブラジルポルトガル語専攻として復活スタートしましたので、新専攻発足を祝い、学生諸君を応援することを趣旨として企画されたもので、飯降政彦学長、吉川萬太郎ふるさと会会長もご臨席くださいました。

総勢120名近くの同窓生が参集しましたが、関東地域からも多くの参加がありました。ペルー人演奏家によるラテン音楽の演奏や元応援団長のエールで会場は大いに盛り上がりました。


続いて、ホームカミングデーの懇親会では、先生方、同期、先輩、後輩間の交流を深め、再会を期して帰路につきました。

当日の様子を写真集にまとめましたので、以下のサイトにアクセスしてご覧ください。(大14西 津崎貞夫)

https://www.youtube.com/watch?v=IgpQpXKc1b8&feature=youtu.be

 

ホーム > クラス会だより > イスパニア学科・ブラジル学科合同同窓会報告 2015.11.07

このページの先頭に戻る