ホーム > 支部だより > 天理ギャラリー展を鑑賞 2015.05.30

支部だより

天理ギャラリー展を鑑賞 2015.05.30

5月30日、ふるさと会関東地区では、菊山孝昭常任理事をはじめ東京・神奈川・千葉・埼玉支部の有志会員が参集して、東京神田の天理ギャラリーで開催中の第155回展「手紙 ―筆先にこめた想い」を鑑賞しました。この展覧会は5/17から6/14まで開催されているもので、展示品は歴史上の著名人の私信(個人的な書簡)の実筆現品で、展示品の内容は藤原定家、後花園天皇、伊達正宗、井原西鶴、松尾芭蕉、与謝蕪村、滝沢馬琴、西郷隆盛、森鴎外、夏目漱石、良寛、小林一茶、樋口一葉、谷崎潤一郎等々そうそうたる人物の他16人の書簡の数々。一つの会場でこれ程のものが観られることは今後ないのではないかと思われるほど豪華なものでした。

展示された書簡のそれぞれ個性のある美しい墨跡にただただ感服するばかり。残念なことはあまりの達筆で私共には読めないことでしたが、主催者の配慮で活字にしたプリントを頂いたので文として読むことができました。それにしても美しい達筆には圧倒されました。

併せて同日、早稲田大学教授の千葉俊二氏による「谷崎潤一郎の松子宛て書簡について」の講演を聴講、谷崎潤一郎の人柄や私生活の一面を知ることができました。(東京支部 大7仏 中平三千彦)

 

ホーム > 支部だより > 天理ギャラリー展を鑑賞 2015.05.30

このページの先頭に戻る