ホーム > 支部だより > 千葉支部総会報告 2014.08.31

支部だより

千葉支部総会報告 2014.08.31

2014年の千葉支部総会は、8月31日(日)鮨割烹『みどり』にて、会本部より山本弘会報担当委員、関東各支部来賓4名、千葉支部会員19名の参加により、盛会に開催されました。

上田和興支部長(大12英)の挨拶に続き、本部近況報告、千葉支部活動報告の後、恒例の鮨懐石を堪能しながらの歓談で、大いに盛り上がりました。

今回の講演は、千葉支部の長田眞作氏(大9西)に『世界遺産 小笠原父島・母島へのお誘い』と題して、ユーモアを交えたお話をしていただき、出席者一同興味深く聴かせていただきました。(東京竹芝桟橋から1000㎞離れた父島、因みに車は品川ナンバー、海外へ来たような距離感の船旅等々)

これは、一昨年、長田氏と、鶴谷和道氏(大20露)、橋本弥生さん(大12仏)の千葉支部会員3名で参加された、6日間の『小笠原訪問並びに交流ツアー』(神奈川支部会員、元東京都職員、公益財団法人小笠原協会事務局長・久保寺博久氏のご紹介)の体験談でした。

自然と接することが、めっきり少なくなった筆者も、機会を見つけて是非とも訪ねてみたい心境になりました。(今西 大23西)

ホーム > 支部だより > 千葉支部総会報告 2014.08.31

このページの先頭に戻る