ホーム > クラス会だより > 英米学科クラス会(昭和47年卒-大20回)Part1 & 2

クラス会だより

英米学科クラス会(昭和47年卒-大20回)Part1 & 2

Part1
New York在住のMrs.紀子Gines(木村)が帰国したのに合わせて、クラス会を7月31日、近鉄学園前のイタリア料理店「ベンベヌート」で開催。急な案内にもかかわらず、女性:紀子Gines、西浦(尾山)、大森、佐伯(奥田)と、男性:金澤、蜷川、篠原、廣海(佐藤)の計8名が出席しました。

Mrs.Ginesは国連に長年勤務、現在は退職し、悠々自適の生活、2年ぶりの帰国で久しぶりの再会です。各人の近況、健康管理、色々な趣味、家族、他のクラスメートの動向といった身近の話題から、年金の動向、教育問題といった話題でも盛り上がりました。

喫茶店での二次会でも、引き続き会話がはずみ語り合いました。



Part2
Chicago在住の三谷君が年に一度のおぢばがえり帰国、今年2回目のクラス会を10月23日、天理の「カフェ ナインストーリーズ」で開催。女性:西浦(尾山)、中村、辻井(中西)と、男性:三谷、廣海(佐藤)の5名が出席しました。

シカゴ日本商工会議所事務局長を務める三谷君から、アメリカの政治経済社会、スポーツ、日常生活等の最新情報。各人の近況、健康問題、家族、クラスメートの動向、母校天大の現況、そして一番盛り上がったのは学生時代の様々な思い出、エピソードも披露し合ったひと時でした。

二次会も含めて約4時間、時が過ぎるのも忘れて学生時代の気持ちに戻り、大変楽しい時間を共有。お互い健康で来年の再会を約し散会しました。              廣海 春男(旧 佐藤)記

 

ホーム > クラス会だより > 英米学科クラス会(昭和47年卒-大20回)Part1 & 2

このページの先頭に戻る