ホーム > クラス会だより > セーヌ会第2回総会 2014.10.11

クラス会だより

セーヌ会第2回総会 2014.10.11

平成26年10月11日(土)、神奈川教務支庁にて関東フランス語同窓会「セーヌ会」第2回総会が開催されました。

冒頭、菊山常任理事から総会開催への祝意が述べられ、本会がさらに発展し、天理大学ふるさと会員として母校の貢献に寄与することを期待する旨の発言がありました。

続いて橋本副会長から、ふるさと会会長(本部)、全国インドネシア語同窓会「ドリアン会」顧問、ふるさと会神奈川支部長、ふるさと会埼玉支部長、スペイン語OB会「ロストレロス」会長、ふるさと会茨城支部長、イスパニア学科関西地区同窓会「ロスアミーゴス」会長、関東ドリアン会会長、ドイツ語同窓会「エルベ会」会長及び天理大学OBG交流会“絆”会長からの心温まる激励のメッセージ・祝電の披露がありました。

さらに本会会長から本会の会員構成の状況及び今後の活動として何かフランス的なもの、そして母校に貢献できるもの、あるいはこれらを融合するものを見つけ出し取り組んで行きたい旨表明がなされました。また、日本の経済・社会の急速且つ凄まじい勢いで進む国際化に対応するためにも「語学の天理」の復元を図り、国際社会で堂々と戦える多くの人材を輩出できるよう母校の施策に協力してゆきたいとの決意が述べられました。

ついで自己紹介を終え、会食・懇談会に入り種々意見交換を行う一方、他方では現下の国際情勢等が話題に上り、大変盛り上がった懇談会となりました。

そして閉会を前に記念写真を撮り、最後は逍遥歌の斉唱で幕を閉じました。

総会の準備等に関し田浦先生はじめ教務支庁の皆様方の全面的なご協力を得ました。改めて感謝を申し上げます。

 

ホーム > クラス会だより > セーヌ会第2回総会 2014.10.11

このページの先頭に戻る