ホーム > クラス会だより > 関東イスパニア学科OB会「ロストレロス」 2014.09.07

クラス会だより

関東イスパニア学科OB会「ロストレロス」 2014.09.07

9月7日東京丸の内のレストラン「バルバッコア」に飯降学長をお迎えし、菊山ふるさと会関東常任理事、上谷先生、小坂先生、帰国されたばかりの矢持先生、ふるさと会本部より野口准教授、そして関西OB会ロスアミーゴスの津崎会長にもご臨席いただき、総勢約50名が西村先輩のお陰で格安にて美味しいシュラスコ料理を満喫しました。

学長からは創立90周年記念事業のスペイン語・ブラジルポルトガル語専攻を絶対に成功させるとの固い決心が述べられました。

野口准教授からは「奨学基金」の募金事業延長について説明があり、立派な後輩を育てるために基金への一層の支援要請がなされました。

会は約3時間にわたり旧交を温め歓談しました。9月中旬挙式の加藤氏(大45伯)、民放テレビ番組のスペイン語の翻訳で活躍中の前田先輩、初参加の乾氏、ボランティア活動の稲葉氏、コロンビア事情の麻井氏、元メキシコ大使館勤務の米田氏らから発表・発言があり、小坂元教授はブラジル学科設立時の話や童話の訳本を披露されました。今回は女性参加者も多く、二次会も盛り上がり、一部は三次会へと・・・。来年もこのように楽しい会が開催されますよう祈念しています。 (則長)

 

ホーム > クラス会だより > 関東イスパニア学科OB会「ロストレロス」 2014.09.07

このページの先頭に戻る