ホーム > クラス会だより > 台湾同窓会報告 2014.03.16

クラス会だより

台湾同窓会報告 2014.03.16

2014年3月16日、台北市内のレストランで、日本学科、アジア学科日本語コース、外国語学科日本語専攻の各卒業生による台湾同窓会を開催。卒業生16名と教員の堤、大竹が出席し、昼食を囲んで楽しいひと時を過ごしました。

1994年度(第3期)から2012年度の卒業生まで、16名が集いました。遠方の高雄市から駆けつけた者や小さい子どもを連れた者もあり、在学期間が重なっていた者は再会を喜び合い、入学年度が離れている者もすっかり打ち解けている様子でした。

日本学科に始まる現在の外国語学科日本語専攻は23年の歴史がありますが、留学生のみを受け入れているため、卒業生は世界のさまざまな地域に分かれ、同窓会を開くことも容易ではありません。今回、台湾出身の卒業生が世話役となり、台湾の地で同窓会を開催することができました。このような集いがまた世界のどこかで開かれることを期待したいと思います。(大竹)

ホーム > クラス会だより > 台湾同窓会報告 2014.03.16

このページの先頭に戻る