ホーム > クラス会だより > 阪本先生謝恩会報告 2014.03.09

クラス会だより

阪本先生謝恩会報告 2014.03.09

2014年3月9日奈良百楽において、阪本秀昭名誉教授退職記念の謝恩会が開催され、阪本先生のゼミ生を中心に卒業生45名が集まりました。

受付でのくじ引きで席を決めることになり、Б、Г、Дなど学生時代に慣れ親しんだロシア文字の書かれた札と同じテーブルに着席。さあ乾杯!と思いきや、お酒を飲んでからでは記念写真が撮れないという教訓(?)のもと、最初に記念撮影をするというロシア学科らしい進行でありました。大平先生の乾杯の音頭で改めてパーティーが始まると、明るく、にぎやかな時間はあっという間に過ぎていきました。

阪本先生の挨拶では、ロシア学科、ロシア語コースそして現在の地域文化学科と、どのようなことを教えてきたか、また各テーブルから1人ずつ教え子を紹介し、エピソードを交えて話してくださり、40年勤め上げられた重みを感じるとともに、私自身もっと真剣に授業を受けていればと学生時代を後悔いたしました。

修士課程を終えてすぐに教壇に立たれたことを早すぎたと述懐され、またこのたび退職されるのも研究に専念するためとのことで、現在も大学におります私としては寂しい気持ちもありますが、先生のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げたいと思います。 (升崎)

ホーム > クラス会だより > 阪本先生謝恩会報告 2014.03.09

このページの先頭に戻る