ホーム > 支部だより > 埼玉・東京支部総会 2013.06.16

支部だより

埼玉・東京支部総会 2013.06.16

<埼玉支部>

平成25年6月16日、東京教務支庁にて埼玉支部総会、総会後東京支部と合同懇親会を開催。ふるさと会本部より東京支部に高部副会長、埼玉支部には澤井副会長、また近隣の各支部長はじめ23名が出席されました。

総会では澤井副会長より大学の近況などを報告いただき、神奈川菊山支部長より総会のあり方、奨学基金活動のきびしいご指摘がありました。

埼玉支部は現在78%の進捗率ですが、残り一年弱で100%達成に向けてお願いに上がる予定です。

東京支部との合同懇親会は、プロカメラマンの中平さん(東京)の音頭で素早く記念撮影を終了、シャンソン・ピアニスト土屋悦子氏の「シェルブールの雨傘」など弾き語りでリラックスしました。食事乾杯の前に菊山常任理事より6部からなる資料を頂き、「語学の天理大学復元に向けて」の講話で各学部によって母校への貢献度、意識のあり方の相違点などを拝聴、「乾杯」の発声に移りました。

懇親会は各自の近況や話がはずみ、予定を30分以上超過してお開きとなりました。

埼玉支部は若者の参加を呼びかける一方、昨年、今年の卒業生会費免除の案内を致しましたが反応なく出席者は増えていません。小生の時代にはみんな覇気がみなぎっていましたが、残念ながら最近の卒業生にはそれが感じられません。我々OBも若者が参加しやすいように工夫を凝らしますが、大学当局もOBとの積極的なコンタクト取りを願うものです。     (則長)

<東京支部>

6月16日 教務支庁で総会。総会後、土屋悦子さんのシャンソンのピアノ弾き語り。終演後中平さんによる記念撮影。以下埼玉支部との合同懇親会。今回奈良支部から転居された語専20回の水谷一先輩が参加してくれました。老人会になりつつある会合に我々と本部が協力して卒業生が参加できる、お互いに楽しめる会合にしたいと思います。  (谷)

ホーム > 支部だより > 埼玉・東京支部総会 2013.06.16

このページの先頭に戻る