ホーム > クラス会だより > 二十二会2012.04.07

クラス会だより

二十二会2012.04.07

三十有余年前、冨田昭二兄、種ヶ島脩己兄の呼びかけで集った語専20回生(昭和22年卒)から成る同窓生の集い二十二会。毎年開催し、今年で32回目。今回は若山憲嗣、西尾真一両幹事のお世話で、大阪難波駅前「治兵衛」本店で4月7日に開催されました。参加者は赤松稔(華)、奥村友之助(西)、嶋津正彦(露)、冨田昭二(華)、西尾真一(華)、水谷顯一(西)、若山憲嗣(華)の7人です。平均年齢85歳、まだまだ元気な兵者揃いです。

西尾兄の司会で、会長赤松稔兄の挨拶で始まりました。今年は、長らく幹事を務めていただいた冨田兄が長年に亘る病気から全快され参加、また、奥村兄も遠くの神奈川県相模原市から参加。会はいやがうえにも盛り上りました。会食中、西尾兄によって民謡・お立ち酒、謡曲・高砂より「四海波」が謡われました。お目出度いこの曲の様に、今年は例年よりも2人も多い参加者となり、明るい希望の年のスタートになりました。 (水谷)

ホーム > クラス会だより > 二十二会2012.04.07

このページの先頭に戻る