ホーム > クラス会だより > イスパニア36回初同窓会2011.11.05

クラス会だより

イスパニア36回初同窓会2011.11.05

昭和63年3月15日は私たちが卒業した日です。昭和最後の卒業生として歴史に刻まれたのです。

以後1980年代から90年代に入り、バブル絶頂の超好景気の夢のような日々から、経済崩壊後の暗黒時代を経て、世紀末から新世紀に突入する激動の日々があっという間に過ぎ、気が付けば卒業以来四半世紀が過ぎていました。

卒業以来一度も同窓会をせず40歳代も半ばを過ぎ、心身ともに元気なうちに再会すべきとの声が挙がり、ホームカミングデーに便乗する形で開催しました。ホームカミングデーに参加できる者は参加し、その夕方から合流できる者や女子会企画に参加した者と合流し、天理の「長寿飯店」で恩師 上谷博先生と天理在住の清瀬先輩の参加もいただき、初同窓会を開催しました。

子育て中で娘さんとともに参加してくれた女性もいて、終始和やかで皆一気に学生時代に逆戻りし、時間が過ぎるのを忘れて賑やかに歓談しました。

それぞれ人生を語り合い、協力し生きていこうと励ましあい、再会を約束し閉会しました。 (松葉)

 

ホーム > クラス会だより > イスパニア36回初同窓会2011.11.05

このページの先頭に戻る