ホーム > 支部だより > 奈良北支部総会2011.06.18

支部だより

奈良北支部総会2011.06.18

支部総会を6月18日奈良市猿沢荘で、会本部から吉川萬太郎会長、宮原美沙子副会長をご来賓に迎え開催した。フリーアナウンサーの山〓久美子委員が司会進行。東日本大震災で亡くなられた方々と会員物故者に黙祷。石田支部長は来賓を紹介し、「皆様にご協力を頂き、有意義な総会に」と挨拶した。

吉川会長は東日本大震災に関して、復興を願われた。さらに大学の近況で「宗教文化士」資格などを説明、会活動への一層の理解と協力をもとめられた。

総会では支部の活動、会計、監査の報告のあと会則の一部変更と役員の一部改選を行った。記念講演では北野利市氏が「思うがままに」の演題で体験をもとに思慮深い話を披露した。

懇親会は和やかに会員相互の親睦を強め、逍遥歌を唄い、来年の再会を約し、解散となりました。

斑鳩の里散策

親睦と健康増進のため11月13日、会員など20人が集まり親睦の会が開かれました。斑鳩の里は秋晴れで、斑鳩文化財センターで、国宝藤ノ木古墳の発掘のビデオを鑑賞し、銅鏡やきらびやかな装身具を見学。新井規夫副支部長から出土品の詳しい説明を受け、タイムスリップのひとときでした。続いて藤ノ木古墳、斑鳩の町並みをウオーナー塔まで歩きました。弁当を食べ、コーヒーをいただき、それぞれが「歩き疲れたより得たものが多い」と感慨を述べ散会しました。 (石田)

ホーム > 支部だより > 奈良北支部総会2011.06.18

このページの先頭に戻る